Home » Rohan sensei no omoide by Tetsuro Watsuji
Rohan sensei no omoide Tetsuro Watsuji

Rohan sensei no omoide

Tetsuro Watsuji

Published
ISBN :
Kindle Edition
6 pages
Enter the sum

 About the Book 

大正期から戦後まで活躍した哲学者・倫理学者である和辻哲郎による人物評。初出は「文学」[1947(昭和22)年]。幸田露伴(1867-1947)は旺盛な探究心と豊富な味解力の持ち主であったが、その対象には明確な基準があり、硬骨漢でもあった。大学での態度や晩年の著作、日本語の用法へのこだわりなどのエピソードから露伴の人間像のある一面を語った一文。